虫歯治療|梅田茶屋町クローバー歯科・矯正歯科

4月20日開院|開院までのお問合せ TEL:06-6878-4520 (歯科相談窓口)
虫歯

虫歯治療

虫歯治療

当院では痛みに配慮した虫歯治療を行っております。

麻酔注射や笑気麻酔による無痛治療を行っておりますので、痛みに弱いという方も虫歯治療はぜひ当院へご相談ください。

痛くない虫歯治療

当院は痛みに配慮した虫歯治療を行っています。

虫歯治療

・麻酔注射では極細の針を使用します。

針が細ければ細いほど痛みを感じにくくなりますので、極細の針を使用して麻酔を行っています。

・麻酔液を体温程度にあたためます。

麻酔液が冷たすぎると麻酔液を注入するときに痛みを感じてしまいますので、当院では麻酔液を37度程度に温めて使用しています。

・笑気麻酔で不安を和らげます。

不安や恐怖心を和らげる効果があります。ご希望の方には笑気麻酔を行っております。

う蝕検知液で歯を削りすぎない・取り残さない

当院では「う蝕検知液」を使っています。う蝕とは虫歯のことで、う蝕検知液を使うと虫歯の部分が染まり、削るところがはっきりとわかります。

虫歯治療

・虫歯を取り残さない。

虫歯治療で削るべき箇所を適切に判断できます。

・歯を削りすぎない。

削るべきかの判断が難しい細かな箇所を見極められ、健康な歯を削ることがありません。

・虫歯の再発を防ぐ。

精密な治療により虫歯の再発を防ぐことができます。

虫歯は進行します

虫歯は進行します

虫歯はC1→C2→C3→C4と進行していきます。

C1(軽度のむし歯)

C1ではあまり痛みもなく、気付きにくい虫歯です。歯の表面のエナメル質が少し溶けています。少し削ってレジン(白いプラスチック)充填を行います。

C2(中度のむし歯)

C2になるとエナメル質の下の象牙質まで虫歯が進んでいます。範囲が小さければレジンを充填します。範囲が大きければ、型取りをして詰め物(インレー)をします。

C3(重度のむし歯)

C3は象牙質の内側の歯髄にまで虫歯が達してしまった状態で、かなり痛みがあります。歯の根っこの治療(根管治療)を行って、かぶせ物(クラウン)をします。

C4(最重度のむし歯)

C4は歯冠部分が無くなってしまって、歯の根っこだけになっています。根管治療とクラウンで治せる場合は治療を行いますが、残念ながら抜歯になることもあります。

抜歯後は、インプラント・ブリッジ・入れ歯などの治療が必要になります。